FC2ブログ

不思議な棒

 むかしむかし、ある山奥に、おじいさんとおばあさんが住んでいました。
 二人は貧乏でしたが、とても働き者で、朝から晩まで畑を耕したり、たきぎを拾ったりしていました。
「お金なんかなくても、こうして元気に働けるのが一番じゃ」
「そうですね。これもみんな、神さまのおかげですよ」
 そう言って二人は、山の神さまに手を合わせるのでした。

 さて、ある日の事、おじいさんが畑を耕していると、くわの先に何かがコツンと当たりました。
「おや? 木の根っこでもあるのかな?」
 おじいさんが手でさぐってみると、地面から直径22mmほどの一本の棒切れが出てきました。
「なんだ、木の枝か」
 おじいさんは棒切れを拾うと、後ろへポイと放り投げました。
 すると棒切れはクルクルクルと三回回って、おじいさんの目の前にすとんと立ったのです。
「はて、何ともおかしな棒切れだ」
 おじいさんは棒切れをつかむと、今度は空高く放り投げました。
 すると棒切れは、今度も空中でクルクルクルと三回回って、またまたおじいさんの目の前にすとんと立ったのです。
 それからおじいさんは何回も棒きれを放り投げましたが、何度やっても同じです。
 不思議に思ったおじいさんは、おばあさんを呼んできて、同じように棒きれを放り投げさせました。
 するとやはり、棒きれはクルクルクルと三回回って、おじいさんの目の前にすとんと立つのです。
「へえ、まるで生きているみたいだ」

これがのちのペリダイスです。
なんてね!

おしまい

(もとは島根県の民話です。勝手に変えてすみません)
スポンサーサイト
[PR]

Date: 2015.07.16 Category: 未分類  Comments (0) 

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

プロフィール

ドライオーガ

Author:ドライオーガ
アネロスを愛用してます。
この出会いによって人生がライフスタイルが変わりました。
より多くの人に広めたいと思い、動画を中心にブログを綴っています。

RSSフィード
最近の記事
ブログ内検索
リンク
ブロとも一覧

エネドラ - エネマグラでドライオーガズムを楽しむblog

女装女王様の世界~官能小説とビジュアル
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のコメント
月別アーカイブ